ホルモンと美しい肌との関係について

MENU

女性のホルモンと上手に付き合いましょう。ホルモンと美しい肌との関係について

女性のホルモンと上手に付き合いましょう。ホルモンと美しい肌との関係について

2種類の女性ホルモンの役割ですが、エストロゲンは、女性らしさのホルモンで、プロゲステロンは、妊娠のためのホルモンです。

この2つの女性ホルモンは、同じように分泌されるのではなく、生理周期によって分泌量が変動しています。

 

実は、このホルモンはお肌の状態に影響があります。
エストロゲンは、肌の水分を保持しお肌の潤いや肌のハリを保ち、シワやタルミを予防する働きがあります。
一方、プロゲステロンは皮脂の分泌を促進する働きがあります。
健康な肌にとって皮脂は必要なものですが、皮脂の分泌が過剰になるとニキビの原因になります。
ですから、女性ホルモンが乱れると、肌荒れや、ニキビを引き起こしてしまうのです。

 

生理周期によって、分泌される女性ホルモンの量が違うので、自分の生理周期を知ることで、肌ケアを意識し、肌トラブルを防ぐことも大切ですね。
例えば、エストロゲンが多く分泌される時期、生理が終わってから排卵までの間は、お肌にとっては安定しており、肌トラブルも少ない時期だと言えます。
エステもトラブルの少ないこの時期がおすすめです。
一方、プロゲステロンが多く分泌される時期、排卵から次の生理までは、肌荒れやニキビができやすい時期です。
女性の方なら経験があるかもしれませんが、この時期は気持ちもイライラしたりします。肌は、皮脂で化粧崩れしやすかったり、色素沈着しやすくなることもあります。
ですので、特にプロゲステロンが分泌されている時期は、肌の状態に気をつけましょう。

 

最近多いのが、過度のダイエットで、正常な生理がこなくなり、髪の毛や肌がぼろぼろになる女性が多いそうです。
美しい肌のためにも、正常な生理周期がくるような生活を心がけましょう。