美肌のためのスキンケア・洗顔・生活習慣についてのまとめ

MENU

あなたの洗顔は正しいですか?美しい肌を手に入れるための洗顔とは。

美肌のためのスキンケア・洗顔・生活習慣についてのまとめ

肌にとって正しい洗顔を御存知でしょうか?毎日よいと思ってしているその洗顔方法が実は老化を早めている可能性があるんです。

もう一度、あなたが毎日している洗顔方法を見直してみませんか?目からうろこかもしれません。

 

思い出してみてください。あなたの洗顔方法は、学校のように先生から教えてもらったものでしょうか?それとも、親から教えてもらったものでしょうか?あるいは、我流ですか?
自分では、正しいと思っているその洗顔が実は間違っているかもしれないんです。スキンケアにとって、洗顔はとても大切です。ここでは、美しい肌になるための洗顔方法を御紹介します。

 

まず洗顔を始める前に、手の汚れを落とします。確かに手に汚れが付着していたら、それを顔に塗っているようなものですよね。クレンジングをする場合は、クレンジング前に手を洗う必要がありますね。
手の甲もついでに洗っておけば、手の甲も綺麗になって一石二鳥ですね。

 

ぬるめのお湯や蒸しタオルなどで毛穴を開きます。こうすることで洗顔した時に毛穴の汚れもとれます。

 

洗顔剤をネットなどで泡立てます。泡立てた泡で洗うことで、肌への摩擦や負担を減らします。
この時、やみくもに泡をつけて洗うのでなく、あごから耳の後ろへ向けてなぞるようにするとリンパの流れにそいますからよりいいでしょう。
目や口の周りや優しく円を描くようにします。時間は長ければいいというのではなく、長くても1分以内にしましょう。お顔の汚れが落ちればよいのですから。

 

次はすすぎです。絶対にしてはいけないのは、お風呂に入った時に、洗顔してそのままシャワーで体と一緒にお顔の泡を流してはいけません。
体を洗う温度は、洗顔には熱すぎて、乾燥を引き起こします。また、シャワーの水圧は、思った以上にお顔の肌に負担をかけます。
手ですくったぬるめのお湯を、あごから額に向けてかけます。重力に逆らいぬるま湯をかけ、たるみ予防もかねましょう。

 

仕上げは、タオルで水分を拭きます。絶対にゴシゴシと拭いてはいけません。タオルでゴシゴシすることで、肌に摩擦を与えてしまい、トラブルの原因になります。
そっとタオルをお顔の上にのせて、水分をタオルに吸収させるというイメージですね。

 

この流れさえ頭に入れておけば、特に面倒なことをしなくても、肌への負担を最小限におさえながら、お顔の汚れを落とすことが出来ますね。
継続は力なりで、5年後、10年後のあなたの肌が違ってきますよ。

 

アヤナス お嬢様酵素